横浜クルーズ船・コロナ感染者の搬送先の病院はどこ?感染症指定医療機関は?

スポンサーリンク


横浜港沖に着岸したルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」
コロナウイルス感染者の搬送先病院は何処なのでしょうか?
船内では新型コロナウイルスが蔓延している模様で、時間を追うごとに感染者の数が増えていますね~
感染されてた方は、適切な処置を受けて回復を祈るばかりですが、感染者の方の受け入れ病院は何処なのでしょうか?
横浜港近隣にお住まいの方は心配ですよね。

横浜クルーズ船のコロナウイルス感染者搬送先病院は?

厚生労働省は新型コロナウイルス感染者の搬送先は基本的に非公開にしているようです。
しかし受け入れ側の市では病院で、公表しています。

横浜市民病院(横浜市保土ヶ谷区)

市立川崎病院(川崎市川崎区)

神奈川県の県内にある8カ所の感染症指定医療機関すべての病院で感染者を受け入れたとの報道がありました。

以下のツイートの病院すべてに感染者が入院されているという事ですね。

感染症病棟とはどんな感じ?

感染症病棟とはどのような対策を取られているのでしょうか?
また本当に院内感染などはおこらないのでしょうか、近隣の方や同じ病院に通われている方は心配でしょう。

以前知人が感染症病棟に入院したことがありました。

一般病棟から感染症病棟への順路はまあまあ複雑でした。
お見舞いに行く際、感染病病棟の出入り口で手洗いや消毒をしたり、何か検査を受けたことは一度もありませんでした。

「結構簡単にはいれるな~」

患者さんは皆個室になっており、その中にトイレやシャワーが完備されていました。
入室の際はマスクはもちろん手袋、ビニールエプロンを着用しましたが、結構形だけという雰囲気でした。

あまり重篤な感染症にかかっていなかったので、管理も甘かったのかもしれません。
これで防げるのか?という感想をもちました。

今回も同じような対応だと、ちょっと心配になってしまいます。

まとめ

横浜のクルーズ船でのコロナウイルス感染者は日を追うごとに増えていくでしょう。
神奈川県内の病院受け入れももう限界、関東近郊の施設もどんどん受け入れを余儀なくされるでしょう。
テレビで見ていたことが、どんどん身に迫ってくる感じです。
早く収束して、感染者の方も快方されることをお祈りします!!

スポンサーリンク